ユニフレーム ファイアグリル レビュー

キャンプに行ったらとりあえず焚き火って人も多いんじゃないでしょうか?

今回はずくも使っているユニフレームのファイアグリルの紹介をしたいと思います。

ファイアグリルですが一言で言うなら「万能」これに尽きます。

ロストル(底板)に穴があいているおかげで空気の流れが出来て、火が良く燃えるようになっています。

なので薪を多く入れれば火も簡単に大きくなるので寒い日でも体が温まります。

網は付属していて、ファイアグリルと網の位置関係が45°ずれているおかげで火加減の調整もやりやすくなっていて焼肉やBBQが捗ります。

ファイアグリルはオプションが充実していて、オプションのヘビーロストルを使うと重量のあるスキレットやダッチオーブンを使っての料理も出来ます。

ロッジの9インチスキレットと蓋で合わせて約2.3kgあるんですが、このぐらいならびくともしません。

ロッジの10インチダッチオーブンは約6kgありますがこちらも問題ありません。

スキレットとダッチオーブンを同時に使うことも出来ます。

他にもエンボス鉄板やフッ素プレートなどの炒め料理がし易くなるオプションや

出典:ユニフレーム公式サイト

ダッチオーブンを吊るせるFGポットハンガーがあります。

出典:ユニフレーム公式ホームページ

脚部パイプに差し込むだけでトングや火バサミを引っ掛けられるFGハンガーや

出典:ユニフレーム公式サイト

ファイアグリルを2台まで収められる収納ケースもあり、収納ケースは一緒に購入しておいたほうが便利なオプションです。

出典:ユニフレーム公式サイト

どうしても使っているとロストルだけは波打ってきますがロストルも長年使用して劣化してしまったときのためのスペアパーツが売っていて、ここからも長く使い続けていこうという気持ちが湧いてきます。

出典:ユニフレーム公式サイト

まとめ

グリル本体は10回程度使ったくらいではまだまだへたる感じはないです。なのでこれからまだまだ使い倒していきます。


ファイアグリルは使いやすくオプションもいろいろあるのでオススメです。

持ち運びに収納ケースがあったほうが便利です。

焼き場の面積が1.6倍のファイアグリルラージもあります。人数が多いときは重宝しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です